【2021年】スマホでSteamゲームをする方法 3選

【PCゲーム】知ってると便利

この記事では、スマホでSteamゲームをする方法について、解説しています。

スマホで、Steamゲームをする方法はこちらです。

1.Geforce NOW(クラウドゲームサービス)
GeForce NOW Powered by SoftBank
GeForce NOW Powered by au

2.Steam Link(スマホアプリ)
Remote Play Anywhere

3.Remote Play Together(Steamの仕組み)
Remote Play Together

・PCがなくても、Steamゲームをやってみたい
・外出先で、少しだけゲームしたい
・ゴロゴロしながら、スマホでゲームしたい

など、いろんな目的があると思いますが、目的によって、選べる方法が違います。

この記事では、目的によって、どの方法を選べばいいのかまとめていますので、迷わないと思います。
始め方についてもまとめていますので、使い方が合っていると思った時は、さっそく使ってみてくださいね。

スポンサーリンク

スマホでSteamゲームをする方法 3選

スマホでSteamゲームをする方法 概要

スマホからSteamゲームをプレイする方法と、目的をまとめました。
詳細の矢印をクリックすると、詳細欄にジャンプします。

サービス名こんな方におすすめ詳細
1Geforce NOW・PCを持っていない
・スマホだけでSteamゲームをプレイしたい
2Steam Link・PCでSteamゲームをプレイしている
・外出先や、離れた所からスマホでプレイしたい
3Remote Play Together・Steamゲームをしている友達がいる
・スマホで一緒にゲームをしたい

1.PCなし なら「Geforce NOW」

こんな方におすすめ!

・PCを持っていない
・スマホだけでSteamゲームをプレイしたい

「GeForce NOW」は、サーバーにあるゲームを、自分のスマホやPCでプレイできる、クラウドゲームサービスです。

GeForce NOW Powered by SoftBank
GeForce NOW Powered by au

NVIDIA(エヌビディア)が展開しているサービスを、日本向けに提供しているのは、Softbankとauです。

注意点

Softbankとauどちらでも、無料から始められますので、無料期間のうちに以下の点を確認してください。

1.遊びたいゲームがあるか

対応タイトルの検索は「対応タイトル」で確認してください。

2.遊びたい場所での通信環境は十分か

クラウドゲームサービスなので、安定した通信環境が必要になります。

推奨速度は、25Mbpsです。
速度は、アプリで確認できます。

Speedtest - インターネット速度

Speedtest – インターネット速度

Ookla無料posted withアプリーチ

速度、対応OSについては「システム要件」を確認してください。

3.スマホの画面サイズで十分プレイできるか

細かく情報が書いてあるゲームの場合は、初見だとスマホだけでプレイするのは難しいと思います。

どれだけの情報がゲーム画面に表示されるのか、購入前にプレイ動画などで確認した方がいいと思います。
無料ゲームで、同じジャンルのゲームがあれば、まずは無料ゲームで感覚を確認してもいいと思います。

対応タイトルの検索は「対応タイトル」で確認してください。
無料ゲームは「F2P」にチェックを入れると、検索できます。

料金

Softbankとauで料金プランが違います。
Softbankの「フリープラン」の場合は、ずっと無料です。

Geforce Now Powered by Softbank の料金プラン
フリープランプレミアムプラン
月額0円1,980円
混雑時のアクセス通常接続優先接続
連続プレイ可能時間1時間6時間
RTX ON対応

参考:GeForce NOW Powered by SoftBank

公式
GeForce NOW Powered by SoftBank

Geforce Now Powered by au の料金プラン
通常セット割特典
月額1,980円1,650円
無料期間初月初月

参考:GeForce NOW Powered by au

※セット割特典は、auユーザーが使える特典です。

公式
GeForce NOW Powered by au

始め方

始め方は「ゲーム開始までの流れ」をご覧ください。
動画で分かりやすく説明されています。

おおまかな流れ

STEP
ゲーム購入
2.1.Steamのアカウント作成
2.2.ゲーム購入(購入方法はこちら
STEP
アプリ起動~ゲームプレイ
3.1.スマホアプリをインストール
3.2.Geforce Nowアカウントでログイン
3.3.ゲームをインストールしてプレイ開始

GeForce NOW Powered by SoftBank
GeForce NOW Powered by au

こんな方におすすめ!

・PCでSteamゲームをプレイしている
・外出先や、離れた所でプレイしたい

「Steam Link」は、スマホからPCで起動しているSteamゲームを、リモートプレイできるスマホアプリです。

Remote Play Anywhere

Steam Link

Steam Link

Valve無料posted withアプリーチ

特徴

自分が持っているゲームは全部、スマホでプレイできる
・サービスの利用料がかからない(通信費、電気代だけ)

始め方

PCでSteamゲームをしていれば、すぐに始められます。
おおまかな流れは、以下の通りです。

おおまかな流れ

STEP
事前準備
・ゲームの起動確認
・PCとスマホのペアリング
STEP
外出前
・PCでSteamを起動
STEP
外出先
3.1.アプリ「Steam Link」を起動
3.2.プレイ開始

始め方の詳細は「【Steam Link (スチームリンク)】外出先でリモートプレイする方法」をご覧ください。

3.友達と一緒に「Remote Play Together」

こんな方におすすめ!

・Steamゲームをしている友達がいる
・スマホで一緒にゲームをしたい

「Remote Play Together」は、ローカルマルチ対応のゲームを、離れている友達と、オンラインでプレイできる、Steamの仕組みのこと。

Remote Play Together

特徴

・本来、隣にいないと一緒にプレイできない「ローカルマルチ対応ゲーム」をオンラインでプレイできる
・フレンド登録していなくても、相手がSteamアカウントを持っていなくても、一緒にプレイできる

始め方

おおまかな流れは、以下の通りです。

おおまかな流れ

STEP
ホストPCの操作
1.1.ゲームを起動
1.2.招待URLを連絡
STEP
ゲストの操作
2.1.招待URLからスマホアプリをインストール
2.2.ゲームに参加

始め方の詳細は「【Steam】Remote Play Together のやり方【フレンド以外のゲストPCと】」をご覧ください。

スマホでゲームをする時の、よくある質問

1.通信量が心配

アクションゲームだと、30分プレイすると1GBを超えます。

スマホでゲームをする時は
・通信量が多くなっても大丈夫な「料金プラン」
・安定して接続できる「回線」
が必要になります。

自分で用意する場合は、外でも安定して接続できる「WiMAX」がおすすめです。
1年契約のプロバイダ もあるので、生活スタイルに合わせて、検討してみてください。

2.コントローラーを使いたい

コントローラーも使えます。
調べた限りでは、XboxOneコントローラー、Xboxコントローラーが使えました。

Bluetoothでの接続方法は「スマホとコントローラーのペアリング」をご覧ください。

3.どんなゲームができるか知りたい

1.Geforce NOWの対応タイトルは、こちら

2.Steam Linkに最適化されているタイトルは、こちら
(最適化されていなくても、スマホでプレイできます)

3.Remote Play Togetherの対応タイトルは、こちら

目的に合った方法で、スマホプレイを楽しんでください!

この記事では、スマホでSteamゲームをプレイする方法について、解説しました。
おさらいします。

1.Geforce NOW
・PCを持っていない
・スマホだけでSteamゲームをプレイしたい
GeForce NOW Powered by SoftBank
GeForce NOW Powered by au

2.Steam Link
・PCでSteamゲームをプレイしている
・外出先や、離れた所からスマホでプレイしたい
Remote Play Anywhere

3.Remote Play Together
・Steamゲームをしている友達がいる
・スマホで一緒にゲームをしたい
Remote Play Together

個人的には、準備をしておけば思い立った時にすぐプレイできる「Geforce NOW フリープラン」や、Steamアカウントがない友達とも遊べる「Remote Play Together」が便利だと思います。

スマホですぐにゲームができるのは嬉しいですよね。
ぜひ便利に使ってみてくださいね。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント