サクッとプレイするのに最適!GeForce NOW フリープランとは

【PCゲーム】知ってると便利

この記事では「GeForce NOW フリープラン」について、解説しています。

「GeForce NOW フリープラン」とは

・SoftBankが提供している料金プラン
・月額:0円
・連続プレイ可能時間:1時間

向いている使い方
・外出先での休憩時間や空き時間に、少しだけゲームしたい人
・対応しているゲームの中に、遊びたいゲームがある人

外出先で、スマホアプリのようにサクッとPCゲームをする方法を探している人には、最適だと思います。
リモートでSteamゲームができるスマホアプリ「Steam Link」との違いについても、解説しています。

リモートでゲームをするための記事をまとめてきた私が、いろいろ検証した結果を解説します。

公式
GeForce NOW Powered by SoftBank

サクッとプレイするのに最適!GeForce NOW フリープランとは

GeForce NOW フリープランとは

GeForce NOW フリープランとは、クラウドゲームサービス「GeForce NOW」が無料で使えるプランです。

GeForce NOW とは

GeForce NOW は、サーバーにあるゲームを、自分のスマホやPCでプレイできるサービスです。
NVIDIA(エヌビディア)が展開しているサービスを、日本向けに提供しているのは、Softbankとauです。

フリープランとは【料金プランまとめ】

料金プランは、Softbankとauで違います。
フリープランがあるのは、Softbankだけです。

Geforce Now Powered by SoftBank の料金プラン
フリープランプレミアムプラン
月額0円1,980円
混雑時のアクセス通常接続優先接続
連続プレイ可能時間1時間6時間
RTX ON対応

引用:GeForce NOW Powered by SoftBank

RTXとは、レイトレーシング(Ray Tracing)に対応しているグラフィックボード「Geforce RTX」のことです。

レイトレーシングは、光の反射や、屈折がリアルに再現される技術です。
水たまりに綺麗に映ったネオンや、金属のドアに鈍く反射する光などが表現されます。
詳しくは「究極のレイ トレーシングと AI – NVIDIA」をご覧ください。

参考
Geforce Now Powered by au の料金プラン

通常セット割特典
月額1,980円1,650円
無料期間初月初月

引用:GeForce NOW Powered by au

※セット割特典は、auユーザーが使える特典です。

Geforce Now 対応ゲーム

対応タイトルの検索は「対応タイトル」で確認してください。

購入しているプラットフォームによって、対応が分かれるので「デジタルストア」の欄で、絞り込むと簡単に検索できます。

無料ゲームは「F2P」にチェックを入れると、検索できます。

ポイント
Steamのアカウントを持っている人は、連携をすると、所持しているゲームのうち、対応しているゲームがライブラリに入るので探しやすいです。
※Epic Gamesの連携は、ライブラリではなく、Fortniteだけに適用されています。

向いている人 / 向いていない人

向いている人

外出先で少しだけゲームしたい人

連続プレイは1時間までです。
普通に考えると短いですが、外出先での休憩時間や空き時間だけプレイしたい、という場合は良いと思います。

遊びたいゲームが対応しているか、メインで使っているゲーム用のPCがある人

自分の遊びたいゲームをプレイしてみようと思うと、対応しているゲームが少ないです。
なので「対応しているゲームの中で、遊ぶゲームを決めていく」という順番でゲームを決めると良いと思います。

公式
GeForce NOW Powered by SoftBank

向いていない人

Geforce Now フリープランだけでプレイしたい人

連続プレイ1時間は短いですし、混雑時の接続にも不安があります。

いろんなゲームをプレイしたい人

タイトルが増えているとはいえ「自分の遊びたいゲームが対応しているか」という順番で考えると、まだ対応ゲームが少ないです。

注意点

コントローラーと接続方法が限定される?【実際は使える】

公式の情報では、確認済みのコントローラーと接続方法が限定されています。
ただ、実際に確認してみると、使えるコントローラーや接続方法があります。

ゲームによって違うかもしれませんが、参考としてまとめておきます。

アクセス方法XboxOneコントローラーXboxコントローラー
有線Bluetooth有線Bluetooth
Windowsアプリ公式
確認済
Chrome公式
確認済
Android公式
確認済

ポイント
スマホでコントローラーを使う時は、上のメニューが出ていると、コントローラーが使えません。
左矢印をタップして、メニューをしまうと、コントローラーが使えるようになります。

Wi-Fiの場合は、5GHzで接続

PC(macOS、WindowsPC、Chrome)でのインターネット動作環境の条件は、こちらです。

「5GHzのWi-Fi環境」とあります。
2.4Ghzで接続しようとすると接続できませんでしたので、繋がらない場合は、ここを確認してみてください。

始め方

始め方は「ゲーム開始までの流れ」をご覧ください。
動画で分かりやすく説明されています。

全体の流れ

STEP
会員登録
・Geforce Now Powered by SoftBankのアカウント作成
アカウント作成ページ
STEP
ゲーム購入
・Steamなどのアカウント作成、ゲーム購入
・すでにゲームを持っている場合は、連携できる
STEP
アプリ起動~ゲームプレイ
・アプリをインストールするか、Chromeからアクセスする
・Geforce Now Powered by SoftBankアカウントでログイン
・インストールされていないゲームの場合は、インストールが必要

使ってみて分かったポイント!

初回のサインインが面倒

初回は連携などのサインインのため、ユーザーID、パスワードを入力するので面倒です。

必要になる入力項目は以下の通りです。

・各プラットフォームと連携するためのサインイン
・Steamモバイルガードを適用している場合は、モバイル認証
・初めてのアクセス方法(Windowsアプリ/Chromeなど)の場合、認証キーを入力

ゲームによっては、毎回サインインが必要なようですが、確認した限りでは、同じ方法で、同じゲームをする場合は、2回目からはパスワードなしでゲームができました。

外出先で使いたい場合は、事前に準備しておいた方が良いと思います。

インストール済のゲームは、すぐに始められる

すでに自分のPCにインストールしているゲームは、もう一度インストールする必要がないので、すぐに始められます。

適用済のMODが使える

ゲームによるかもしれませんが、適用しているMODが使えました。

「Euro Truck Simulator 2」をスマホでプレイした時の画像です。
ルート案内の位置を上にするMODが有効になっています。

アプリ「Steam Link」との違い

三人称視点のアクションRPG「Tom Clancy’s The Division」をスマホでプレイしてみました。

「Steam Link」では、走ったりすると、画面が乱れましたが、「GeForce NOW」では、走ったり、戦闘中でも画面が乱れることはなかったです。

GeForce NOWでプレイした時の画像です。

GeForce NOW フリープランSteam Link
月額無料無料
ゲームの選択肢限られる多い
連続プレイ時間1時間ずっと
ホストPCの起動必要なし必要
激しいゲーム問題なし性能によっては乱れる

GeForce NOWで対応していないゲームを、1時間以上プレイしたい場合は、Steam Linkの方が良いと思います。

外出先で少しだけプレイするなら「GeForce NOW フリープラン」が便利!

この記事では、GeForce NOW フリープランについて解説してきました。
おさらいします。

Geforce Now Powered by SoftBank フリープランとは

月額:0円
連続プレイ可能時間:1時間

向いている使い方
・外出先での休憩時間や空き時間に、少しだけゲームしたい人
・対応しているゲームの中に、遊びたいゲームがある人

公式
GeForce NOW Powered by SoftBank

使ってみると、
・インストール済みのゲームはインストールがいらなかったり、
・MODが使えたり、
公式サイトには載っていないメリットがありました。

一度連携しておくと、急に空き時間ができた時でも、サクッとプレイ開始できるので楽だと思います。
使い道が合っていると思った方は、ぜひ試してみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメント