Steam「制限付きユーザーアカウント」とは【解除方法 / 制限範囲】

【Steam】使い方

この記事では、Steamの機能が制限されている「制限付きユーザーアカウント」について、解説しています。

・フレンドの追加ができない!
・マーケットが利用できない!
・キュレーターのフォローができない!

そんな方は、「制限付きユーザーアカウント」の可能性が高いです。
実際のエラーメッセージ、解除方法もまとめていますので、必要な場合は、解除をして利用してくださいね。

エラーメッセージの文言は変わる可能性があります。
掲載しているのは2020/5/3時点の文言になります。

Steam「制限付きユーザーアカウント」とは
【解除方法 / 制限範囲】

「制限付きユーザーアカウント」とは

まず、Steam公式ページの説明を引用します。

アクセスできないSteam機能があります。なぜですか?

悪意のあるユーザーは、ゲームやアイテム、ウォレットクレジットの購入履歴がないダミーアカウントを不正行為のために使用することがあります。
このような有害なユーザーによる、スパム、詐欺、フィッシング行為をより困難にするために、Steamは、アカウントが最低$ 5.00 USDを使うまで特定のコミュニティ機能へのアクセスを制限します。

引用元:
Limited User Accounts – Managing Your Account Features – ナレッジベース – Steam Support

まとめると、「制限付きユーザーアカウント」とは

・不正行為を防ぐため制限を設けている
$5.00 USDを使うまで制限する
・制限はコミュニティ機能へのアクセス

※「リミテッドアカウント」と表記されている画面もありますが、同じ意味です。

主な機能の違い

制限付きアカウントと、制限がないアカウントの、主な機能の違いは以下の通りです。

制限付き制限なし
ストアページの閲覧
無料ゲームのプレイ
無料デモのプレイ
フレンドの追加
マーケットの利用

「制限付きユーザーアカウント」の解除方法

これらの機能にアクセスするにはどうすれば良いですか?

Steamストア内で最低$5.00 USDを消費してください。制限付きユーザーのこれまでの購入履歴を表示するには、こちらをクリックしてください。

これらの機能へのアクセスを得るための購入例:

・$5 USDと同等額以上のクレジットをアカウントのSteamウォレットに追加する
・$5 USDと同等額以上のゲームをSteamストアから購入する
・$5 USDと同等額以上のSteamウォレットカードをあなたのSteamアカウントに追加する
・$5 USDと同等額以上のSteamギフトをSteamストアから購入する(フレンドからのSteamギフトや、デジタルギフトカードの受け取りでは要件を満たしません)

引用元:
Limited User Accounts – Managing Your Account Features – ナレッジベース – Steam Support

まとめると、解除方法は

・$5 USDと同じくらいの日本円の使用が必要
・アカウントのウォレットに追加、あるいは購入すれば解除される
・ギフトを受け取っただけではだめ

支払い方法など、詳しい購入方法については、こちらの記事をご覧ください。

利用できない機能と、主なエラーメッセージ

具体的な制限項目と、エラーメッセージをまとめます。
これ以外の機能でも制限される可能性はあります。

1)フレンドおよびグループ招待の送信
「あなたのアカウントはこの機能を制限するための要件を満たしていません。」

2)グループへのアクセス申請
「投稿を許可されていません。」

3)グループチャットの開始

4)Steam上のレビューやワークショップアイテムへの投票
「あなたのアカウントはこの機能を使用するための要件を満たしていません。」

5)Steamマーケットへの参加
「マーケットは以下の理由で利用不可です」

5-1)「1年前から7日前の間にSteamでのご購入歴 があり、最近のチャージバックやお支払いの問題がない状態が必要です。」
ーー制限付きユーザーアカウントの影響

5-2)「あなたは7 日間Steam ガードによって保護されていないデバイスから、マーケットにログインしました。」
ーーSteamガードの影響

5-3)「あなたのアカウントは制限されています。」
ーー制限付きユーザーアカウントの影響

5-4)「あなたは最近アカウントのSteam ガードをリセットしたか有効化しました。Steam ガードが有効化されてか15日間 お待ちいただく必要があります。 」
ーーSteamガードの影響

5-5)「アカウントが Steam ガードで 15 日以上保護されている必要があります。」
ーーSteamガードの影響

Steamガードの設定方法

右上のアカウント名から[アカウント詳細]をクリックし、

[アカウントセキュリティ]欄で設定できます。

6)Steamコミュニティアイテムのトレード
「マーケットは以下の理由で利用不可です」
詳細な理由は5と同じです。

7)Steam掲示板への頻繁な投稿
「投稿を許可されていません。」

8)Steamプロフィールレベルの上昇、およびトレーディングカードの入手
「制限付きアカウントのためレベルを上げることができません。」

9)Steamワークショップへのコンテンツ提出

10)Steamワークショップ掲示板へのアイテムの投稿
「投稿を許可されていません。」

11)Steam Web APIへのアクセス

12)ブラウザとモバイルチャットの使用

13)パブリックアートワークやスクリーンショットの追加

14)トレードオファーへのメッセージの追加

15)Steamグループの作成
「あなたのアカウントはこの機能を使用するための要件を満たしていません。」

16)Steamグループメンバーに追加

17)キュレーターのフォローや追加
「Steamキュレーターをフォローしようとした際にエラーが発生しました。」

17-1)「スルー中のキュレーターはフォローできません。」

17-2)「1度にフォローできるキュレーターは最大100人です。」

17-3)「リミテッドアカウントはキュレーターをフォローできません。」
ーー制限付きユーザーアカウントの影響

まとめ

今回は「制限付きユーザーアカウント」について、解説しました。
おさらいします。

「制限付きユーザーアカウント」は、
・不正行為を防ぐため制限を設けている
・制限はコミュニティ機能へのアクセス

「制限付きユーザーアカウント」の解除方法は、
$5 USDと同じくらいの日本円をウォレットに追加、あるいは購入すれば解除される

フレンド追加だけでなく、マーケットや、キュレーターなどはSteamの便利な機能なので、必要になったら、制限を解除して利用してみてください。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました