初めての方に読んでほしい、おすすめの 10記事

Steamのフィルター設定【個人設定で非表示にする方法】

【Steam】ゲームの探し方

この記事では、Steamのフィルター設定について解説しています。

非表示にできる項目の例はこちらです。
・早期アクセスタイトル
・VRコンテンツ
・成人指定コンテンツ
・スルーした製品

使い方の例
・製品版になってから買いたいので、早期アクセスタイトルを非表示
・表示しなくてもいいタイトルを、スルー製品に登録

一度設定すると、設定したことを忘れてしまったり、意外なタイトルが表示されなくなったりするので、注意が必要です。

ただ、適切に非表示にできれば、今よりも効率的にゲームが探せますので、ぜひ設定してみてください。

スポンサーリンク

Steamのフィルター設定【個人設定で非表示にする方法】

設定方法

「個人設定」を行うことで、おすすめや検索結果に製品が表示されなくなります。

興味のない製品を非表示にすることで、今までより多く、好みのゲームを表示して、面白そうなゲームを発掘できるようになります。

「個人設定」へのアクセス

直接アクセスする場合

こちらのリンクから行けます。
Steam個人設定

Steamから進む場合

右上のアカウント名 > 個人設定

個人設定が開きます。この画面で設定します。

設定項目

製品タイプ

非表示にする項目のチェックを外します。

・早期アクセスタイトル
・予約購入特典
・ソフトウェア
・動画、ムービー
・VRコンテンツ

成人向けコンテンツ

非表示にする項目のチェックを外します。
「製品例を表示」をクリックすると、ゲームタイトルが表示されます。

露骨な表現のゲームだけ非表示にしたい場合は、一番下「成人指定(アダルトオンリー)~~」のチェックだけ外します。

・成人向けコンテンツ全般
・暴力表現やゴア表現の頻出
・ヌードまたは性的なコンテンツ
・成人指定(アダルトオンリー)の性的なコンテンツ

タグ

非表示にするタグを入力します。

苦手なタイプのゲーム(例:ホラー、ゴア)や、表示しなくてもいいジャンル(例:弾幕、チェス)を設定できます。
ただ、設定したタグがついたゲームは全て非表示になるので、非表示になる範囲が広くなります。

例えば「ホラー」を設定した場合
明らかにサバイバルホラーなゲームも非表示になりますし、少しホラー要素のあるミステリービジュアルノベルも「ホラー」のタグがついていれば非表示になります。

なので、一度設定してみて、表示が少ないようであれば、設定を解除してみてください。

タグとは

製品ページで表示されていたり、

検索に表示されています。

また「タグまとめ」で一覧をまとめていますので、合わせてご覧ください。

製品

ゲームタイトルなどの製品を指定します。

「リストを表示」をクリックすると、スルー中の製品の一覧が確認できます。
ゲームを登録するのは、この画面ではできないので、下記で解説します。

スルー中の製品一覧

「リストを表示」をクリックすると、スルー中の製品の一覧が確認できます。
または「スルー中の製品」から直接アクセスできます。

スルーする理由が選択できます。
・興味なし
・別のプラットフォームでプレイ済み

右のバツ印をクリックすれば、スルーを解除できます。

製品のスルー方法

製品ページの場合

・「スルー」をクリックでスルーできます。
・下矢印をクリックすると「別のプラットフォームでプレイ済み」も選べます。

検索ページの場合

該当のタイトルにマウスオーバーし、下矢印をクリック

メニューから「スルー」をクリックすれば、スルーできます。

検索オプション

検索した時の表示を設定できます。

・ライブラリ内のアイテムを非表示
・スルー中のアイテムを非表示
・ウィッシュリスト内のアイテムを非表示
・検索時の無限スクロールを有効
検索ページで設定する方法

検索した後でも設定できます。
右側のメニュー「個人設定で絞り込む」で表示・非表示が選択できます。

一時的にすべてのゲームを表示したい場合

歯車マークをクリック

「フィルター処理されていない検索結果を表示」をクリックすると表示できます。

ディスカバリーキュー

個人設定 を下にスクロールすると、ディスカバリーキューの設定ができます。
「ディスカバリーキュー」と、新作だけのキュー「Steamに新登場」を別々に設定できます。

クリックした後の画面はこちらです。

表示する製品を設定できます。

・表示するコンテンツ
・除外するタグ

変更した場合は「OK」で保存するのを忘れずに。

タグ一覧を確認したい場合は「タグまとめ」でまとめていますので、合わせてご覧ください。

【おまけ】製品ページのライブ配信を非表示にする方法

製品ページのライブ配信を非表示にする場合は、チェックをします。
個人設定 の一番下の項目です。

ライブ配信が「表示」になっている場合

配信画面が開かれて、ゲーム情報が下に移動します。

ライブ配信が「非表示」になっている場合

配信画面が閉じられて、ゲーム情報が同じ位置で見れます。
配信画面の下矢印をクリックすれば、ライブ配信を見れます。

まとめ:適切に非表示を設定して、効率的にゲームを探しましょう!

今回は、Steamのフィルター設定について解説しました。
おさらいします。

設定する場所
Steam個人設定

設定できる項目
・製品タイプ
・成人向けコンテンツ
・タグ
・製品
・検索オプション
・ディスカバリーキュー

設定すると便利な項目
・製品ページのライブ配信を非表示

ぜひ、非表示設定をして、効率的にゲームを探してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました