【Zoomに最適!スマホでも】ペンタブHUION HS64 レビュー【ゲームも】

買って良かったもの

こんにちは。
PCゲーム初心者向け解説ブログ「ゲーム初心者で苦労自慢」のあっちです。

この記事では、ペンタブレットの「HUION HS64」について、レビューしています。

Zoomのホワイトボードで使用したくて、購入しましたが、とても快適に使用できています。
Zoomの他にも、いろんなソフトで試してみたので、ぜひ見てみてください。

IT系社会人である私が、わかりやすく説明していきます。

こんな方に読んでほしい!
  • WEB会議のホワイトボードで使えるペンタブを探している
  • ペンタブが必要になったが、できるだけ安くすませたい
  • HUION HS64の使用感を知りたい
  • HUION HS64が、Zoom以外に何に使えるのか知りたい
スポンサーリンク

【Zoomに最適!スマホでも】ペンタブHUION HS64 レビュー【ゲームも】

ペンタブHUION HS64は、Zoomホワイトボード使用なら充分だった!

HUION HS64を、使ってきた中で感じたことをまとめます。

1.Zoomホワイトボード利用なら申し分ない!
もともとの利用目的が「Zoomホワイトボードでの使用」だったので、全く申し分ないです。

マウスで線を書いたり、手書き文字を書いたりするのは大変でした。
マウスで書くと、線がプルプルしてますよね。

2.スマホ接続が簡単!
スマホで使うには、接続するだけだったので、とても簡単です。

OTGアダプタも、MicroUSB(Micro-B)、Type-Cの両方が同梱されているので、スマホがOTGに対応していればすぐに使えます。

OTGとは「USB OTG(USB On-The-Go)」の事。スマホが対応していればアダプタを使うことで、USB機器を直接接続して使うことができる機能です。

3.とても軽い!

主要な目的がWEB会議用だったので、出したり、しまったりを頻繁にしていますが、軽いのでとても楽です。

4.充電不要が便利!

私のように、常にPCと一緒に使う場合、充電をするより、ケーブルを繋いだ方が手軽です。
タブレットもペンも、充電がいらないので、急に使うことになっても焦ることがありません。

5.安い!
イラストを書く用途ではなかったので、安くてZoomに使えるペンタブを探していました。
「1万超えてきたらしんどいな…」
と思っていたので、HUION HS64は、うってつけでした。
しかもゲームにも使えたので、用途が広がりそうです。

HUION HS64

Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

Zoomの利用だけでお探しの方は、後半の接続方法をご確認ください。

他の用途でお探しの方は、次からは、対応ソフトについて解説していきます。

公式に掲載されている 対応ソフト

HUION HS64の公式ページに掲載されているソフトを確認してみましょう。


出典:HS64 – HUION

商品名はこちらです。
本格的な、イラスト作成ソフトに対応しているのが、わかります。

Adobe Illustrator

Painter

SAI

GIMP

CLIP STUDIO PAINT

Krita

ibisPaint

実際に使ってみました

実際に、公式ページに記載されているソフトも含めて、いろいろなソフトで試してみました。

一覧にまとめた表が、こちらです。

接続先 ジャンル ソフト・アプリ 操作できたか
PC イラスト作成ソフト GIMP
ホワイトボード Zoom
Google Jamboard
簡易なペイントソフト ペイント
ペイント3D
AzPainter2
PIXLR X
PCゲーム Coloring Game 3
わすれなオルガン
Android ホワイトボード Zoom
イラスト作成アプリ アイビスペイントX
画像編集アプリ PicsArt

HUION HS64
Amazonで探す
楽天市場で探す
Yahoo!ショッピングで探す

次の項目では、実際に書いてみた画像で説明していきます。

1.HUION HS64 設定画面

設定画面で、ためし書きをすると、筆圧も表現されています。
この表現が他のソフトで出るのか確認します。

2.本格的なイラスト作成ソフト

GIMP(イラスト作成ソフト)
無料でも多機能のイラスト作成ソフト「GIMP」では、筆圧も表現できています。

3.ホワイトボード

3-1.Zoom(WEB会議のホワイトボード)
筆圧は表現されていませんが、文字を書くのには、何の問題もありません。

3-2.Google Jamboard(ブラウザで使うホワイトボード)
Googleアカウントがあればすぐに使える、ホワイトボード機能の「Jamboard」ですが、出だしが苦手なようです。
書き始めが点になっています。

4.簡易なペイントソフト

4-1.ペイント(Windows標準ソフトのペイントソフト)
Windows標準ソフトの「ペイント」は、文字を書くのであれば問題ありません。

4-2.ペイント3D(Windows標準ソフトのペイントソフト)
Windows標準ソフト「ペイント3D」も、文字を書くのは問題ありません。

4-3.AzPainter2(ペイントソフト)
無料のペイントソフト「AzPainter2」では、フリーハンドの「自由線」は全く反応しませんでした。
「直線」にすると線は書けました。

タブレットモードにして筆圧に対応する設定がありますが、HUION HS64では反応しませんでした。

2011年に開発が終わっているので、今後も対応予定はないと思います。

4-4.PIXLR X(ブラウザで使うペイントソフト)
ブラウザで使えるペイントソフト「PIXLR X」で試してみました。
「た」を書こうとしたところですが、書き出しの点しか反応しませんでした。

5.PCゲーム

5-1.Coloring Game 3(塗り絵ゲーム)
指定された番号の色を塗っていくと、絵が完成する「Coloring Game 3」で試してみました。
問題なく反応しました。

画面上の移動が楽なので、操作しやすいです。
まっすぐ線をひくことは難しいですが、1マスづつ塗っていくのはやりやすいです。

5-2.わすれなオルガン(クリッカーゲーム)
クリックを繰り返して、イベントや、ストーリーを進めていく「わすれなオルガン」で試してみました。
問題なく反応しました。

マウスでクリックするより手が疲れなさそうです。
ウィンドウモードにして移動距離を短くすると、なお疲れないと思います。

6.スマホアプリ

6-1.Zoom(WEB会議アプリ版)
アプリ版のホワイトボードでも確認しました。
PC版と同様に、文字を書くには問題ありません。

6-2.アイビスペイントX(本格的なイラスト作成アプリ)
スマホでも、本格的にイラストが描ける「アイビスペイントX」では、しっかり筆圧も表現されています。

6-3.PicsArt(画像編集アプリ)
いろんな加工が楽しめる「PicsArt」では、文字を書いたり、操作をするには問題ありません。

接続方法

接続は、とても簡単です。

PCで使う場合

1.ドライバをダウンロードします(ダウンロードページ
2.ペイントソフトなどを閉じて、ドライバをインストール
3.接続すれば使えます


出典:HS64 ユーザーマニュアル – HUION

Androidスマホで使う場合

スマホに接続するだけで使えます。

この順番で接続していくだけです。
1.スマホ
2.付属のOTGアダプタ
3.付属のケーブル
4.HUION HS64(タブレット)


出典:HS64 ユーザーマニュアル – HUION

※スマホの機種によっては「OTG機能」を有効にする必要があるようです。

商品情報

外形寸法:200x166x8mm
質量:258g
ペン:バッテリーフリー
筆圧感知:8192レベル
対応OS:Windows 7以上、macOS 10.12以上のPC、Android 6.0以上でOTG対応のスマホ

主な同梱物

① タブレット(ショートカットキーが4つあります)
② ペン
③ ケーブル 1.5m

④ OTGアダプタ(MicroUSB、Type-C)

⑤ ペン芯を交換するためのピンセット
⑥ 交換用ペン芯(8本)

⑦ 説明書

気になる点

1.PC起動時に、スクリーンキーボードが起動する

PCを起動した後にログインする画面で、スクリーンキーボードが起動するようになりました。
インストールしたドライバの影響だと思います。

ただ、起動後は、スクリーンキーボードは消えていますし、キーボード操作に問題はないので、支障はないです。

2.イラスト以外の、対応ソフトは注意が必要

様々なイラスト作成ソフトに対応していることは、公式サイトに掲載してありますが、それ以外の用途だと、使用できるかどうかはソフトによるようです。

使いたいソフトやアプリがある方は、事前に調べておいた方が良いと思います。

Zoomやイラスト作成に最適な、スマホ接続もできる「HUION HS64」レビューは以上です。

コメント